メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Counter: 24658, today: 5, yesterday: 3

カーネル読書会FAQ

取り纏め.よしおか
再配布自由
12:11 99/04/22

更新履歴
10:47 99/04/23 市民会館の地図を追加

              準備するソースなどの情報を追加(13)

10:30 2003/10/16 ylug.jpへ移行

17:54 2007/6/17 Okajima ちょっと修正。

1.カーネル読書会ってなんですか?

もともとは、Linuxカーネルソースコードをみんなで読む会で、99年に始まってます。
いまは、もっと気楽なオープンソースにまつわる議論をする会という感じです。
YLUGの例会だと思っていただいてもOKです。
参加資格もなにもないので、お気軽にどうぞ。

基本的には、前半は、会場で(シラフで)オープンソースの講演会。
これが1時間ちょっと。
ここには、質問タイム、フリートークなども入ってます。
そのあと会場で懇親会(ピザとビール)あるいは近所の居酒屋で宴会。
ピザとビールの場合、費用は1000円位で、居酒屋宴会だと4000〜5000円位です。

以下は昔の内容です。


有志が集まって,Linuxのカーネルを読書する会合です.

現在の実施場所:保土ヶ谷のOSDL
http://www.osdl.jp/

(第1回の実施要領)
場所:溝口の川崎市高津市民会館
http://www.mapion.co.jp/cgi/m?no=109­1980000195500000
第4会議室(なんと50人部屋)
ノクティプラザ 2 の 11 階
日時:4月28日(水曜日)
部屋は5時半から借りてますけど,
6時半ころから開始しますか?

2.参加資格とかありますか?

開始時は、一応、カーネルに興味があること、とありましたが、
いまは、開始時よりももっと緩和され、もう、だれでもOKです。
Linuxってなんだ?とかおもったら、一度覗いてみてください。
とりあえず、Linuxってなんと読むか、ぐらいはわかると思います。
って、Linuxって、個々人によって発音が違うんで、
余計混乱するかもしれませんが。

以下は、99年の開始時のものです。


どなたでも,カーネルに興味がある方は大歓迎です.
YLUG([[Yokohama Linux Users Group]])の会員(?)
でなくても参加可能です.

3.プログラムとか組んだことがないのですが?

以前(99年の開始時など)は、確かに、ある程度の知識を要求してましたが、
いまは、もう、単なる飲み会なので、
プログラミングの知識より、
宴会芸があるほうが歓迎されます。

これが開始のときの案内。


カーネルはC言語で書かれていますから,最低限
C言語を知らないと,読書会を楽しむことは難しい
かもしれません.しかし,C言語を知らなければ
参加できないということはありません.わからない
ならわからないなりに雰囲気を楽しむとか,C言語の
勉強のつもりで参加するとか,各自の楽しみかたを
発見してください.

4.参加料とかかかりますか?

いまは、ほとんどの場合、会場費は無料です。
ただし、そのあとの飲み会は、一応、割り勘でいただきます。
たかが数千円ですし、飲み会には行かない、というもアリですので、
お金のことを考える必要性はないと思います。


会場費が2500円ほどかかりますので,出席者で
割り勘にします.(10人参加なら一人250円になりますね)

5.宴会にでたいのですが?

カーネル読書会の後に近所で宴会をします.
宴会だけ、という奇妙な参加もアリです。

6.仕事の関係で,遅刻しそうなんですが?

参加はできますが,途中からの参加なので,
話についていけなくなる部分はあるかも
しれないですね.

7.連絡の方法は.

YLUGのMLで適宜情報を流していますので
参考にしてください.

8.Linuxが,どーしてもインストールできないのですが?

カーネル読書会は,インストールセミナではないので,
直接的な回答は期待できないです.でも,参加者の中には
ひょっとしてLinuxハッカーの人がいるかも知れません
ので,個人的に解決のヒントを教えてもらえるかもしれません.
まづは,参加することです.

9.今後も読書会はありますか?

2007年現在、この8年間で、70回以上もやってますので、
運がよければ今後も続くでしょう。

10.だんな(あるいは妻)がわたしのことをかまってくれません?

質問をする場所を間違えていると思います.でも,カーネル読書会
に参加すれば,あなたの夫(あるいは妻)がなにに熱中しているか
ひょっとしたらわかるかも知れません.もっとわからなくなるかも
知れませんけど.まあ,新しい出会いがあるかもしれませんね.

11.Linuxに対する技術的な興味はないのですが、参加してもいいでしょうか。

OKです。
一つの有益な使い方としては、
技術者のスカウトですね。
ヘタな人材紹介会社を使うより、会場で名刺を撒いたほうがよほどいいかも。
また、人材紹介会社のスカウトの方も大歓迎です。
ぜひ、お越しください。
それ以外でも、テクニカルライターに困っている出版関係者とか。
ぜひ、お越しください。

また、もう一つの使い方としては、Linux関連機材の売り込みです。
これも、まったくアリです。

なお、このような商業的な利用の場合、
べつに許可などは要りませんが、
ただ、会場の確保に困っているので、
ぜひ、御社の会議室など、貸していただけると。。。ぺこぺこ。

12. YLUGってなんでしょうか。

Yokohama Linux User Group です。
中核は、某大手RDBMS関係の吉岡氏と、
某大手SIer 関係の三浦氏ですが、
べつに、誰が会長で、、、などと気にするほどの強固な組織ではなく、
単なる飲み会サークルだと思っていただいてOKでしょう。
なお、おなじようなものに、TLUG ( Tokyo Linux User Group ) というのがありますが、
こちらは、歴史的な事情で、英語で行われております。
ようは、首都圏のLinux飲み会サークルで、
日本語YLUG
英語 → TLUG
という感じですね。