メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Counter: 8936, today: 1, yesterday: 8

Presentations and Videos of YLUG meetings

2009

2008

2007

2006

2005

2004

  • Kernel code reading party #46
    • Title: GridでつながるLinux HPCクラスタ
    • Date: 2004-10-27 19:00:00+09
    • Speaker: Mr. Itoh, Hitachi
    • Overview:
      HPC(High Performance Computing)分野への進出が目覚しいLinuxですが、HPC適用の一例としてLinux HPCクラスタについて説明します。日本発のPCクラスタ環境であるSCoreと、Grid基盤のデファクトであるGlobus Toolkitを取り上げます。
    • Documents:

  • Date: Jul. 16 (Fri)、18時半ころより受付開始、19時開始
  • Location: NTTデータ 茅場町タワービル オフィス
    104-0033 東京都中央区新川1-21-2 9F
    http://www2.prometric-jp.com/itmap/m­ap_JP0.html
  • Title: SELinuxの紹介と課題 & LIDSの紹介
  • Speaker: Mr. Nakamura, Mr. Omo
  • 懇親会: 同日 20:45〜22:30 楽の市 http://r.gnavi.co.jp/g193203/
  • 今回は、日本SELinuxユーザ会準備委員会 (http://www.selinux.gr.jp/ )の協力により開催となりました。ありがとうございます。

  • Title: カーネル読書とハッキング入門

  • 1) カーネル開発の環境整備
  • 2) カーネルソースの効率的な読み方
  • 3) カーネルデバッガーの組み込み
  • 4) 2.4 O(n)スケジュラーソースの変更の実演
  •     <- その日の気分で他のトピックに変更の可能性あり
  • 5) カーネル path の作成
  •     <- dontdiff を使った物なのでMr. Miura実演がありましたので省略あり

  • Speaker: Mr. Tsukamoto

In this talk I will demonstrate SBUML: Scrapbook for User Mode Linux.

SBUML can save and restore snapshots of the complete User Mode Linux runtime state, including file systems and all processes, both kernel and user state. The snapshots can then be archived or migrated to different host hardware and then restored. The snapshots can sometimes be delta compressed to less than 1MB, which makes them small enough to download and restore from web pages. Several current and potential applications for SBUML will be discussed.

although it is still under construction, you can include a link to this webpage:

http://sbuml.sourceforge.net/

  • Speaker: Richard Potter

  • Kernel code reading party #36 (Jan. 13)
    • BitKeeperの利用法
      ひさびさに東京都内で実施しました。
      会場は、(株)NTTデータ OSSセンターに提供いただきました。
      bk-howto.pdf (pdf) (by Mr. Miura)

2003

  • Kernel code reading party Nov.
    • Date: Nov. 20 19:00
    • Title: PDP-11をFPGA上に実装しちゃいました。その上でUNIX V6が動いています。

  • Kernel code reading party tour editon (Oct. 31)
    "地域LUGあつまれ〜 出張!か〜ねる読書会"と題して、出張オフを実施しました。

  1. Date: Oct. 31 15:25 - 16:25
  2. Location: 大阪産業創造館 6F D会議室

同時開催されているLC2003発表の方を引き込んでいろいろ聞こう企画など、いくつかのテーマ案から、そのときのメンバーによって決定され、いつもの読書会のように、参加者の発言で話題がどんどん発展する、そんなBOFになりました。

イベントは、 関西オープンソース+フリーウェア2003BOFプログラムとして実施されました。

2002

  • Kernel code reading party #19 (Feb. 20, 2002)

  • Kernel code reading party #18 (Jan. 25, 2002)

2001

2000

1999

  • Kernel code reading party #4 (Sep. 24, 1999)

  • "読んだカーネルの動きを追うぞ! How to kernel debug"
    debug_tool.html (by Mr. Adegawa)
    text

  • "カーネルのメモリ空間とユーザ空間のページング"
    address.txt (by Mr. Adegawa)

  • Kernel code reading party #2 (Jun. 25, 1999)
    • "Linux のメモリ管理 〜 Buddy アルゴリズム"
      buddy.ps (by Mr. Sakurai)

  • "VFSあたりの話"
    Vfs.txt (by Mr. Yoshioka)
    Open.txt (by Mr. Yoshioka)

  • "システムコールでのユーザモードからカーネルモードへの移行の流れ"
    syscall.txt (by Mr. Adegawa)

  • 補足"gcc の asm 記述"
    gcc_asm.txt (by Mr. Adegawa)

  • Kernel code reading party #1 (Apr. 28, 1999)