海外特許申請「Patent+」

自分が将来的に海外でアプリ事業を構想するにあたり、やはり海外特許を取得するのが、もっとも自社の知財として事業価値を護れる手段だと考えています。

そこで海外特許について色々調べてみたところ、一言で「外国での特許申請」と言っても、その手法はいくつか手段があり、コストも所要時間についても、だいぶ異なることがわかってきました。

一般的に「国際特許(※世界特許とも言う様です)」と呼ばれる手法があり、これは「PCT出願」とも呼ばれている様です。

このPCT出願は、特許庁のサイト記述によれば「特許協力条約(PCT:Patent Cooperation Treaty)に基づく国際出願とは、ひとつの出願願書を条約に従って提出することによって、PCT加盟国であるすべての国に同時に出願したことと同じ効果を与える出願制度です。」とあります。

特許を申請する複数の国に、それぞれに出願を行う必要があるので、手続きが煩雑で、特許申請認可までに相応の時間を要する様です。

一方で、「海外特許出願」という手法もあります。これは、特許の起点を米国におくのが最大の特徴で、PCT出願と異なり日本を介さずにスタートすることから、特許申請認可までの所要期間が著しく短縮できるところにポイントがあります。

この「海外特許」を活用すると、PCT出願だと、特許認可まで5年強要するのに対し、最短で2年半ほどのスピード認可が可能になるケースもあるようです。

そんなメリットのある「海外特許」に対応している特許事務所をサーチしていたところ、良さそうなサービスを見つけました。海外特許申請サービス「Patent+(パテントプラス)」です。

「Patent+(パテントプラス)」公式サイトによれば、現地コネクションを持つ「BINGO特許事務所」を媒介して、各国の知財コネクションにアプローチ。日米中など、各国の申請を同時に行うパッケージ出願を行えるスキームの様です。

このパッケージ出願により、零細中小企業の少数な海外特許申請でも、大企業なみのコストメリットが得られるサービスになっているようです。

何よりも、最短所要期間で海外特許の認可が降りる近道となるのが最大のメリットで、これならライフサイクルの短いアプリやWebサービスの知財活用に最適ですね。

ぜひ近い将来、自社で開発するアプリの海外進出時には、海外特許申請にトライしてみようと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です